負担を減らす

インターネットの普及によって今や巨大な市場規模を持つようになったのが通販ビジネスです。通販で買えないものはないというくらい多種多様な商品が自宅にいながらにして購入できるようになっています。この利便性を上回る小売ビジネスは当分あらわれそうになく、今後とも市場の伸長は続くものと予測されます。 ところで、こうした通販事業の要となるのが発送作業です。大手事業者の場合は基本的に自社内に発送部門を持っており、時折ニュースなどでも新しい発送センターが建設されたといった情報を耳にすることがあります。しかし小規模事業者の場合は自ら発送を行うのは人的にもコスト的にもかなりの負担となります。こうした事業者の多くは、専門の発送代行サービスを利用することで負担を軽減しています。

発送代行サービスとは荷物や通信文などの発送を差出人本人に代わって行うアウトソーシング事業の一種で、最近では多くの専門業者がサービスを提供しています。事業形態はさまざまで、すでに梱包が終わった商品を郵便局や運送会社に持ち込むだけの場合もあれば、梱包、あて名ラベルの作成、返戻された荷物のチェックなどを一括して手がけるところもあります。また、商品を倉庫に保管し、注文に応じてピッキングを行うサービスを実施しているところもあるので、在庫管理の負担を軽減したい通販業者などにとってはとても便利です。 通販業者が発送代行サービスを利用する際は、料金や納期などももちろん重要ですが、プライバシーの保護にも注意する必要があります。顧客の個人情報が流出したりしないよう、管理体制がしっかりしている発送代行業者を選ぶことが大事です。