女性達とハイヒール

検品の重要性

アパレル商品を得意先に出荷する前にはきちんと検品して出荷することが必須になります。消費者の手元に商品が渡った後に商品の不具合で返品されてくるような事態になると、生産した工場の信用がなくなります。また、アパレル生産工場は多くありますので、取引先も信用できるアパレル工場に生産を依頼する傾向にあり、不良品を出した工場には発注をしなくなるものなのです。従って商品を生産する側の立場としては、完成した商品の検品体制をきちんと作っておく必要があります。製品の寸法は当然ですし針の混入などの事態を避けなければなりません。そういった検品を請け負う会社がありますので、工場人員が足りない場合は、そういった業者に頼む手段もあるのです。

検品会社に検品を依頼する場合、依頼する側は費用を出すことを渋ってはいけません。ここを安く上げようとすると検品の際に抜けが生じて、商品の不具合を見落とすことがあります。商品を1つ検品する際、外観品位や商品のたたみ方、洗濯用ネームの縫製具合等を確認するのですが、費用を安くしようとするとこのうち1つが欠けてしまうようなことにもなります。アパレル商品に限らず、消費者は一度不良品に遭遇してクレームをつけてきたような場合は同じ商品を買わなくなる傾向が強いので、極力クレーム品を出さない努力が大切なのです。生産は人間が行うので100%完璧にミスを防ぐことは難しいですが、限りなくミスを撲滅する努力は怠ってはいけないのです。